リフォーム工事をしてもらった故人の相続人が、リフォームが不適切であったとして
代金の返還を請求した事案

1 事案の概要

依頼者は高齢の者(弁護士に相談があった時点では死亡していた。以下、「被害者」という。)の自宅を600万円程度でリフォームしたが、そのリフォームの必要性があったか否か、金額としても相当であったかについて疑問をもたれるような内容であった。
 
そうしたところ、被害者の相続人の一人(相手方)から、上記リフォームが詐欺であったとして、依頼者に対して、代金の返還を求めると共に、これに応じない場合には刑事告訴する旨の連絡をしてきた。
 
依頼者としては、たしかに、必要性・相当性を欠く工事もあったが、必要性があり、かつ、相当な工事をした部分もあるとして、代金の一部返還で和解ができないか弁護士に相談した。

2 解決までの経緯

弁護士は、リフォームをした際の見積書を精査し、リフォーム前後の写真の見比べ、現地調査などを行って、必要性・相当性を欠く部分の工事を特定し、相手方にその部分に対応する代金を支払う形で和解したい旨の交渉を行った。
 
そうしたところ、相手方はこれに応じ、代金の一部を返還する形で和解が成立した。
 

3 弁護士の目

リフォーム工事では、契約書や図面などがほとんど作成されていないケースも多く、見積書だけが契約内容を認定するための資料になることも多くありません。
 
また、工事に対応した代金が相当かどうかについては、ある程度工事に関する積算の知識が必要になります。
新築工事の場合も含め、建築紛争は極めて専門性が高いので、建築関係のトラブルに巻き込まれた場合には、早めに弁護士に相談することをお勧めします。
 

一般民事に関する解決事例

No 分野 タイトル
成年後見等 共有の不動産を分割するため、成年後見人選任申立を行い、共有物分割協議を行った事案
損害賠償 被害者からの過大な請求に対して交渉を行った事案
3 医療事故 手術中に看護師が医師の手を傷つけてしまった事案
4 債権質 債権質を設定し、多額の損害賠償金を回収した事案
5 不動産 建物を収去させ土地の明け渡しに成功した事例
6 建築関係 リフォーム工事をしてもらった故人の相続人が、リフォームが不適切であったとして代金の返還を請求した事案
7 建物退去 建物退去交渉において、未払家賃と修繕費償還請求権を相殺した事案
8 名誉棄損 インターネット上の掲示板に名誉棄損的な書き込みがなされたので、その削除請求と刑事告訴を行った事案
9 建物退去 建物賃借人と交渉し、和解の上、退去していただいた事案
10 相隣関係 相隣関係(騒音)
11 損害賠償 暴行を受けた場合の損害賠償請求依頼者に対して暴行を加えて傷害を負わせた者に対して、損害賠償の交渉を行った事案
12 損害賠償 暴行を受けた場合の損害賠償請求
13 労災 過大と思われる請求への対応

 
 

弁護士法人ラグーン TEL 083-234-1436 

お気軽にご連絡ください。弁護士が親身になって対応させていただきます。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

弁護士紹介  ■事務所紹介  ■弁護士費用  ■アクセス  ■相談実績

 


下関の弁護士 弁護士法人ラグーン
〒750-0006 山口県下関市南部町2-7 
TEL 083-234-1436 / FAX 083-234-1493 
受付時間 平日:9:00~18:00 土曜日・日曜日・祝日:10:00~16:00

Copyright © 2013 LAGOON LEGAL CORPORATION  All Right Reserved.