被疑者段階で検察庁・裁判所に意見書等を提出し、釈放となった事案

1 被疑事実

非現住建造物放火罪
 

2 結果

処分保留釈放
 

3 弁護士の目

我が国では、起訴後の有罪率99.9%以上と言われていますが、実は、否認事件(被疑者が被疑事実を認めない事件)では、不起訴になっているケースが相当数あります。

本件は、捜査段階において勾留決定を粘り強く争うと共に、本件が嫌疑不十分であることを主張し続けた結果、処分保留釈放となった事案です。

自分はやっていないと思っていても、いざ逮捕されて身柄拘束されると、一刻も社会復帰したいという気持ちや社会から隔絶された不安感から、「警察の言うとおりに話せば出られるのではないか」という気持ちになり、虚偽の自白をしてしまうことがあります。

弁護人は、そのようなことがないように、被疑者の言い分に寄り添って弁護活動を行います。
 


刑事事件に関する解決事例

No 分野 タイトル
1 道路交通法 道路交通法における道路性が否定されて処分を免れた事案
2  リベンジポルノ リベンジポルノ被害防止法違反事件における被害者と早急に示談し、不起訴処分を獲得した事案
3 非現住建造物等放火 被疑者段階で検察庁・裁判所に意見書等を提出し、釈放となった事案

※ 守秘義務の関係で、事案は一部抽象化しております。
 

弁護士法人ラグーン TEL 083-234-1436 

お気軽にご連絡ください。弁護士が親身になって対応させていただきます。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

弁護士紹介  ■事務所紹介  ■弁護士費用  ■アクセス  ■相談実績

 


下関の弁護士 弁護士法人ラグーン
〒750-0006 山口県下関市南部町2-7 
TEL 083-234-1436 / FAX 083-234-1493 
受付時間 平日:9:00~18:00 土曜日・日曜日・祝日:10:00~16:00

Copyright © 2013 LAGOON LEGAL CORPORATION  All Right Reserved.