道路交通法における道路性が否定されて処分を免れた事案

1 被疑事実

道路交通法違反(酒気帯び運転の罪)

 

2 結果

道路性が否定されて、不処分となった。

 

3 弁護士の目

言うまでもなく、飲酒運転は絶対に許されない行為です。しかしながら、道路交通法が酒気帯び運転を禁止しているのは、あくまで「道路」での酒気帯び運転です(定義上、「道路」には、「一般交通の用に供するその他の場所」も含まれます)。

この道路性の判断は、①道路の体裁、②交通の現実性・継続性・反復性、③場所の公開性、④法適用の一般性を考慮して判断されます。

この判断は、過去の裁判例と実際に酒気帯び運転をした場所を精査しなければ難しいので、このようなケースでは、早めに弁護士に相談することをお勧めします。


刑事事件に関する解決事例

No 分野 タイトル
1 道路交通法 道路交通法における道路性が否定されて処分を免れた事案
2  リベンジポルノ リベンジポルノ被害防止法違反事件における被害者と早急に示談し、不起訴処分を獲得した事案
3 非現住建造物等放火 被疑者段階で検察庁・裁判所に意見書等を提出し、釈放となった事案

※ 守秘義務の関係で、事案は一部抽象化しております。
 

弁護士法人ラグーン TEL 083-234-1436 

お気軽にご連絡ください。弁護士が親身になって対応させていただきます。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

弁護士紹介  ■事務所紹介  ■弁護士費用  ■アクセス  ■相談実績

 


下関の弁護士 弁護士法人ラグーン
〒750-0006 山口県下関市南部町2-7 
TEL 083-234-1436 / FAX 083-234-1493 
受付時間 平日:9:00~18:00 土曜日・日曜日・祝日:10:00~16:00

Copyright © 2013 LAGOON LEGAL CORPORATION  All Right Reserved.