<長年放置されていた会社を清算した事案>

 

1 事案の概要

依頼者Aが十数年前に設立し、放置していた合資会社(以下、「本件会社」)に対し、裁判所から、本件会社所有の不動産について競売開始決定がなされた旨の通知があった(本件会社は、他人の債務を物上保証していた)。

これを機に、依頼者A及び本件会社の有限責任社員になっていたBらは、本件会社をきちんと清算しようと考え、弁護士に相談した。

 

2 解決までの経緯

弁護士が依頼者らから会社の資産状況等をヒアリングし、本件会社の解散・清算に必要な書類を作成し、任意清算の手続を行った。

 

3 弁護士の目

ずっと前に設立した会社が放置されていることがありますが、たとえば、その会社が建物を所有していてその建物が崩壊して第三者に損害を加えたような場合、その会社の役員になっている者が責任を負う場合があります。

ですから、放置されている会社の役員になっている方は、その会社を放置せず、きちんと清算手続きを採った方が賢明です。

もっとも、解散・清算の手続は複雑で、税務も関わってきますので、法人の解散・清算を検討される際には、法律専門家に相談することをお勧めします。

 

労務問題に関する解決事例

No タイトル
1 会社に対して時間外労働割増賃金を請求したところ、会社がみなし残業代制度を採用しているとして反論した事案
2 勤務先に退職届を提出したところ、勤務先から金銭を請求された事案
3 会社に面接に来た者から過剰な請求をされた事案
4 元従業員が退職後、競業行為を開始した事案
5 社内恋愛がセクハラ紛争に発展した事案
6 理由なく受けた降格処分を争った事案
7 会社内において、上司が部下にセクハラを行った事案
8 セクハラをした上司に対して慰謝料を請求した事案

※ 守秘義務の関係で、事案は一部抽象化しております。


下関の弁護士 弁護士法人ラグーン
〒750-0006 山口県下関市南部町2-7 
TEL 083-234-1436 / FAX 083-234-1493 
受付時間 平日:9:00~18:00 土曜日・日曜日・祝日:10:00~16:00

Copyright © 2013 LAGOON LEGAL CORPORATION  All Right Reserved.