定款変更の趣旨や株主様からの質問について法的な回答をした事案


1 事案の概要

 

顧問先企業様から定款の役員報酬部分の変更について、変更の趣旨や株主様からの質問について法的な回答をして欲しいという依頼を受け、株主総会にオブザーバーとして出席しました。
 

2 弁護士の対応

 

弁護士は予め定款を変更する趣旨をヒアリングし、株主様から想定される質問の答えを準備して株主総会に出席しました。

株主総会当日、株主様から想定していた質問があったのでこれに回答し、無事、賛同を得て定款変更が決議を得ることができました。

会社法は複雑で難しい法律です。株主総会では、株主様から経営面のことだけではなく、法律面での説明を求められることがあります。

これに適切に回答して納得を得られないと会社にとって必要な株主総会決議が得られない可能性もありますので、ご不安な場合には予め弁護士にご相談ください。


下関の弁護士 弁護士法人ラグーン
〒750-0006 山口県下関市南部町2-7 
TEL 083-234-1436 / FAX 083-234-1493 
受付時間 平日:9:00~18:00 土曜日・日曜日・祝日:10:00~16:00

Copyright © 2013 LAGOON LEGAL CORPORATION  All Right Reserved.