発注書及び受注書のチェック

1 事案の概要

 

顧問先企業様から下請業者として小規模工事を行う場合に使用している発注書及び受注書についてチェックして欲しいとのご相談を受けました。

 

2 解決までの経緯

 

弁護士は顧問先企業様からFAXされた発注書及び受注書を確認しました。
以下の項目についてご提案させて頂きました。

①請負業者が竣工検査を依頼する旨の通知を送った場合に注文者が一定期間内に竣工検査を実施しない場合には工事が完成したものとみなす条項を入れた方が良い。

②注文者が工事を合格と判断しない限りは代金請求権が発生しないという条項があったので、その条項を残すメリットとデメリット、条項を修正する場合の方法と修正した場合のメリット・デメリットの説明

③「注文者の指示に反した」という曖昧な要件を充たした場合に代金請求権が発生しなくなるかのような条項があったのでその条項は削除又は修正すべきである

などを報告書にまとめました。



契約実務では、問題のある条項についても取引先・顧客との関係で放置しなければならない場合もあり、放置した場合のデメリットの程度などを考慮して対策を講じなければなりません。

 

弁護士法人ラグーン TEL 083-234-1436 

お気軽にご連絡ください。弁護士が親身になって対応させていただきます。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

弁護士紹介  ■事務所紹介  ■弁護士費用  ■アクセス  ■相談実績

 


下関の弁護士 弁護士法人ラグーン
〒750-0006 山口県下関市南部町2-7 
TEL 083-234-1436 / FAX 083-234-1493 
受付時間 平日:9:00~18:00 土曜日・日曜日・祝日:10:00~16:00

Copyright © 2013 LAGOON LEGAL CORPORATION  All Right Reserved.