弁護士紹介

仁井 真司

長船 友紀

内田 悠太

林  英敏

津田 清彦

提携税理士 若松 大介

   

 

resize2736.jpg

 弁護士 仁井 真司 (No.44720)

  ■出身地・生まれ
     愛知県出身 
 

  ■略歴
     平成21年 広島大学法務研究科修了
   平成22年 新司法試験合格(新64期)
     平成23年 弁護士登録 山口県弁護士会所属(登録番号44720)
   平成28年度 山口県弁護士会 常議員


 ■趣味
   サッカー、ドライブ、旅行、ジョギング
 

弁護士 仁井 真司 からのメッセージ  

「法的な問題を解決するスペシャリスト」というのが弁護士に対する一般的なイメージだと思います。私も,弁護士になるまでは,同様のイメージを抱いていました。

 しかし,弁護士としての業務を通じて,私が痛感したことは,法的な問題を解決することだけが弁護士の仕事ではないということです。むしろ,法的な問題を淡々と処理すれば,すべて解決するという事案は,ほとんどないのではないかと思います。

 一つの事件には,複雑な背景が存在し,繊細な人間関係があります。そのような事情も含めて,依頼者とともに,「納得がいく解決策を考える」というのが,私の理想とする弁護士像です。法的な問題のみを解決する,あるいは依頼者を置いてきぼりにして結論を出してしまうというのでは,弁護士の仕事として不十分だと思いますし,依頼者のためにもならないと思います。

 もちろん最良の解決策を即座に提供することができない場合もあるかもしれませんが,複数の弁護士で方針について協議をして,様々な角度から事案の問題点を検討すると同時に,依頼者と細かく打ち合わせをするなどして,できる限り依頼者の納得がいく解決策を提案したいと考えております。 

若手ならではのフットワークの軽さや,忍耐強さを活かして,少しでも法的な問題を抱えている方々のお力になれるように,日々努力を継続していきたいと考えています。

 
  nii_tuika_03.png

 

 

resize2747.jpg

 弁護士 長船 友紀 (No.46567)

  ■出身地・生まれ

     下関市出身
 

  ■略歴
     平成9年       山口県立豊浦高等学校卒業
    平成13年      北海道教育大学旭川校教育学部生涯スポーツコース卒業
    平成15年4月 国土交通省北海道開発局入局
         8月  国土交通省北海道開発局退局
  平成20年       久留米大学法科大学院卒業
    平成23年       新司法試験合格(新65期)
    平成24年       弁護士登録 山口県弁護士会所属(登録番号46567)


 ■趣味
   サッカー
(高校、大学とサッカー部に所属しており、下関市の社会人リーグでもプレーしていました)

     

弁護士 長船 友紀 からのメッセージ   

弁護士と顧問契約を締結する意味は,企業の経営者の方々に安心を提供することにあるのではないかと考えます。

企業の経営者の方々は,日々,判断に迫られています。その判断の中には,法律が関わるような判断もおありではないかと思います。そのような際,顧問弁護士のいない会社の経営者の方々は,ご自身で調べたり,どなたかの意見を聞いたりされたうえで,判断を下されているのだと思います。

しかし,法律が関わるような問題では,一歩間違えれば,後に高額な損害賠償請求をされるおそれがあるようなこともあります。ほとんどの場合,企業の経営者の方々が下された判断が正しい場合が多いと思います。しかし,わずか1回の判断ミスでも企業の存亡に関わるようなことがありえないとはいえません。また,経営者の方々も法律の専門家である弁護士の「社長のお考え通りで大丈夫ですよ。」という一言を後ろ盾に判断を下すことができれば,余計な不安や心配も少なくなるのではないでしょうか。

私は,顧問先の企業様が質問しやすい環境をお作りし,どんな小さな質問でも迅速に回答できるような顧問サービスを皆様方に提供させていただきたいと考えております。


  0_01_smile-04.jpg

 

 

resize2738.jpg

 弁護士 内田 悠太 (No.48612)

  ■出身地・生まれ

     下関市出身
 

  ■略歴
    平成16年       山口県立下関工業高校卒業

  平成20年   北海道情報大学経営ネットワーク学科卒業

  平成23年      久留米大学法科大学院卒業

     平成24年     新司法試験合格(66期)

     平成25年     弁護士登録 山口県弁護士会所属(登録番号48612)


 ■趣味
ビリヤード、フットサル、プログラミング(基本情報技術者、初級システムアドミニストレーター試験合格)

     

弁護士 内田 悠太 からのメッセージ  

 私は、大学で経営とITを専攻して勉強していたこともあり、企業法務に強い関心をもっています。

 企業が裁判に巻き込まれた場合、きちんと債権の保全が出来ていなければ、勝訴できたとしても被害の金銭的な回復がなされない場合がありますし、仮に金銭的な被害回復が出来たとしても裁判のために費やした時間分の損害は免れません。裁判により信用が失墜することもあります。

 ですから、やはり、事件は予防されるのが最善といえます。

 では、どのように事件の発生を予防すればよいのでしょうか。

 そのためには、事業者様の置かれている業界・取引慣行や業務内容を理解した上、法的リスクの顕在化を避けるための施策を講じることが必要といえます。

 しかし、他方で、企業は、利益を上げていかなければなりません。法的リスクの対策に人的・物的費用を投入しすぎて会社の利益がなくなるのは本末転倒です。

 私たちは、事業主様のビジネスを理解した上、関係する法令、潜在しているリスクの評価(重みづけ)を調査し、事業主様にとって最適な法的リスク対策をご提案します。


 

resize2743.jpg

 弁護士 林 英敏 (No.49833)

  ■出身地・生まれ

     福岡県
 

  ■略歴
     平成20年  九州大学法学部卒業

  平成22年  中央大学法科大学院修了

  平成24年  司法修習(修習地:長崎)

  平成26年  弁護士登録(登録番号:49833)


 ■趣味
 サッカー、ゴルフ、旅行

     

弁護士 林英敏 からのメッセージ  

はじめまして 林英敏(はやしひでとし)と申します。

 

弁護士として、数年で様々な経験を積ませて頂いております。その中でわかってきたのは、事件はある程度類型化はできますが、事件の背景はそれぞれ異なっており、それが解決のしかたに影響を与えているということです。

 

そのため、特に事件とは関係のないと思われることもじっくりとお聞きする必要があります。

 

ちゃんと聞いてもらえるか不安とか、緊張するとか思う必要は全くありません。私は皆さんのお話をじっくり聞かせて頂き、そして共感し、それに対する正しい解決方法を一緒に考えていければと思います。

 

これまで人生でいろいろとご苦労してこられた方は、我慢強く、何か問題が起こってもたいしたことじゃない、弁護士に相談するほどじゃないと思われるかもしれません。しかし、そういったことの中には、法的手続きの中で解決すべきことも多くあります。法的問題にはたいてい時効があります。 後になって相談に来られても遅いこともあります

 

もし弁護士に相談に行くと笑われる、相手にしてもらえないと思ってためらっている我慢強い方は、そんなことは気にせず一度相談に来てください

 

津田先生-2.jpg

 弁護士 津田 清彦 (No.52665)

  ■出身地・生まれ

     千葉県佐倉市
 

  ■略歴
  平成23年 青山学院大学卒業
  平成25年 明治大学法科大学院修了
  平成26年 司法試験合格(68期)
  平成27年 弁護士登録 山口県弁護士会所属
              (登録番号 52665)
 ■委員会
  
刑事弁護センター 委員
  子どもの権利委員会 委員
  住宅紛争審査会運営委員会 委員

 ■趣味
  登山、歴史探訪

     

弁護士 津田清彦 からのメッセージ  

  皆さんがこのホームページをご覧になっていると
  いうことは、何かしらのトラブルに巻き込まれたの
  だと思います。
  
    人は、トラブルを抱えると気持ちが下向きになり、
  これまで通りの平穏な生活を送りづらくなるものです。
  一人で悩んだり、身近な人と相談をしてみても、
  不安が拭えないことも多いでしょう。
2016.1.31tuikanigaoe_01.png 
 相談にいらっしゃる方々の大多数がそうです。
  しかし、相談のあとには、多くの皆さんが話を聴
  いてくれるだけで安心した、相談にきてよかったと
  言って帰られます。

 
    弁護士の重要な職務は、法廷に立って依頼者の
  主張を代弁することだけではありません。
  相談者、依頼者の話をよく聞くことだと考えて
  います。
  弁護士に話を聞いてもらうだけでも解決する
  ことは多くあります。一人で抱え込まず、
  まずご相談に来てください。
  きっと安心して頂けると思います。

 
    誠心誠意対応しますので,お気軽にご相談下さい。







 

提携税理士

 

 

resize2742.jpg

 

 

 税理士 若松 大介 (登録番号110022)

  ■出身地・生まれ
     下関市出身


  ■略歴

      平成10年 3月  山口県立豊浦高等学校 卒業

   平成14年 3月  久留米大学法学部 卒業

   平成16年 3月  久留米大学大学院 卒業

    平成17年10月   北九州の税理士事務所 入所

   平成20年 1月  税理士登録(登録番号110022)

   平成24年 1月  若松大介税理士事務所 開業

 

■  所属団体

 中国税理士会

 

■  業務内容

税務相談・経営相談/会計指導・監査業務/記帳代行業務(総勘定元帳・試算表の作成)/決算・申告業務(決算・申告書類の作成)/税務調査立会/相続税申告/財産評価/事業承継コンサル/各種届出作成代行(他の提携士業と共同で行うこともあります)/その他節税対策、経営計画、開業支援業務等

 

 所在地

若松大介税理士事務所

下関市南部町2-7 弁護士法人ラグーン 2階

電 話:083-234-1448   FAX:083-234-1449   E-mail: info@wakamatsu-office.com   

ウェブサイト: http://www.wakamatsu-office.com/

 

弁護士法人 ラグーンのブログ

 

弁護士法人ラグーン TEL 083-234-1436 

お気軽にご連絡ください。弁護士が親身になって対応させていただきます。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

弁護士紹介  ■事務所紹介  ■弁護士費用  ■アクセス  ■相談実績

 


下関の弁護士 弁護士法人ラグーン
〒750-0006 山口県下関市南部町2-7 
TEL 083-234-1436 / FAX 083-234-1493 
受付時間 平日:9:00~18:00 土曜日・日曜日・祝日:10:00~16:00

Copyright © 2013 LAGOON LEGAL CORPORATION  All Right Reserved.