退職金問題

 退職金制度は一旦導入してしまうと、就業規則や退職金規程等で規定した要件を満たす従業員が退職した場合には、退職金を支払わなくてはならない義務が発生します。

 退職金は賃金と同様に労働者の重要な債権として法律で守られていますので、資金が不足していることを理由に「退職金を支払えない」では済まない問題であり、退職者との話し合いにより解決できれば問題ありませんが、訴訟にまで発展してしまうケースは多々あることです。
   

 また、従業員が退職金を受け取る権利というものは退職したことにより発生しますので、トラブルが発生するのは従業員が退職した後となります。
よって退職者が現れてから退職金制度に問題が発生していたことに気付くこともよくあることです。


労務問題の目次はこちら

1.従業員の解雇        2.退職金・年金問題       3.未払い残業代問題
4.労使紛争 5.残業代支払請求

     

 

弁護士法人ラグーン TEL 083-234-1436 

お気軽にご連絡ください。弁護士が親身になって対応させていただきます。
※スケジュールの関係上、お電話でのご相談は実施しておりません。ご予約のみとさせて頂いております。

弁護士紹介  ■事務所紹介  ■弁護士費用  ■アクセス  ■相談実績

 


下関の弁護士 弁護士法人ラグーン
〒750-0006 山口県下関市南部町2-7 
TEL 083-234-1436 / FAX 083-234-1493 
受付時間 平日:9:00~18:00 土曜日・日曜日・祝日:10:00~16:00

Copyright © 2013 LAGOON LEGAL CORPORATION  All Right Reserved.